ホーム  >> 

作品情報

住吉 廣行 「粟に双鶉図」

価格:お買い上げいただきました

※送料:- - -

お買い上げいただいたためお支払ボタンは表示されません

作者
住吉 廣行(すみよし ひろゆき)

作品名
「粟に双鶉図」

技法
日本画

【略歴】
住吉 廣行(すみよし ひろゆき)
宝暦5年(1755年)~文化8年(1811年)江戸に生まれる。
本名広行。景金園と号する。
板谷広当の子として生まれたが住吉家4代目住吉広守に子がなかったため広守の養子となる。
住吉家5代目幕府御用絵師。寛政の内裏新造にあたって紫宸殿の賢聖障子などを描く。
文化8年歿。享年56歳。

※実際の画像に近い状態ですが、ご覧頂いているモニターによって色・質感が異なって見える場合がございます。また、照明の関係で額装のガラスに撮影スタッフが写り込んでいる場合があります。あらかじめご了承ください。

このページのTOPへ
― 種類から探す ―
全ての作品
- 掛け軸
- 額装
- 陶磁器・道具
過去の作品
ページの上へ戻る