ホーム  >> 

作品情報

(古画) 円山 応震(まるやま おうしん)「源義家観雁行乱図」

価格:2万9千円(29,000円)(税込)

※この作品の送料は無料です。

ご利用いただけるお支払方法
【日本国内】
代金引換 / 銀行振込 / PayPal
【海外】
PayPal / 銀行振込
PayPal / Bank transfer
贝宝 / 银行转帐

作者
円山 応震(まるやま おうしん)

作品名
「源義家観雁行乱図」

技法
日本画

形態
掛軸

素材
絹地に岩絵の具

サイズ
縦幅
全体:タテ182.2×ヨコ49.4cm
※縦の長さは上部の掛ひもを含みません。横幅の長さは軸先を含みません。
(作品:タテ104.8×ヨコ36.7cm)

状態
表装の裏部分(総裏)にシミ・ヤケ・スレがあります。
画中に経年による多少のシミ・ヤケがあります。
表装に経年によるシミ・ヤケがあります。
いずれも鑑賞には問題ない程度です。
※古画のため、あえてそのままの状態にしています。

備考
軸先は象牙製です。

昭和7年に雲渓(略歴未詳)という人物が鑑定し箱書きをしています。
※鑑定箱とは、作者本人ではなく弟子や親族、または関連する絵師によって
作品が鑑定され、箱書きをされたものです。

お薦めの季節
年中

【略歴】
円山 応震(まるやま おうしん)

寛政2年(1790年)~天保9年(1838年)
江戸後期の画家。円山派三代目の絵師。
円山応挙の次男・木下応受の子として生まれるが、のちに応挙の長男・円山応瑞の養子となる。
字は仲恭、別号に百里・星聚館・方壷子。京都に住した。
天保9年(1838)歿、49才。

※実際の画像に近い状態ですが、ご覧頂いているモニターによって色・質感が異なって見える場合がございます。また、照明の関係で額装のガラスに撮影スタッフが写り込んでいる場合があります。あらかじめご了承ください。

このページのTOPへ
― 種類から探す ―
全ての作品
- 掛け軸
 -- 江戸期(古画)
 -- 年中掛
 -- 春掛
 -- 夏掛
 -- 秋掛
 -- 冬掛
 -- 祝儀掛
- 額装
- 陶磁器・道具
過去の作品
ページの上へ戻る