ホーム  >> 

作品情報

柳本 素石(やなぎもと そせき)「月下芦雁図」(土佐:現高知県)※大幅

価格:お買い上げいただきました

※送料:- - -

お買い上げいただいたためお支払ボタンは表示されません

作者
柳本 素石(やなぎもと そせき)

作品名
「月下芦雁図」

技法
日本画

形態
軸装

サイズ
絹本 (縦幅)
全体:タテ228.5×ヨコ84.3cm※横幅は軸先含みません。
(作品:タテ144×ヨコ68.3cm)

状態
表装の裏部分(総裏)の上部に小シミがあります。
画中に多少のヤケ、薄いシミ、月の上に1か所スレがあります。
いずれも鑑賞には問題ない程度ですが、写真をご参照ください。

備考
軸先は骨軸です。

合せ箱です。
※合せ箱とは、作者本人による箱書きがないものを言います。
元々の所有者が箱にタイトルを書いている場合や、何も書いてない場合があります。

お薦めの季節

【略歴】
柳本 素石(やなぎもと そせき)

明治元年(1868年)~大正7年(1918年)
土佐国(現:高知県)高知城下に生まれる。
名は茂馬、字は子僲。父は土佐藩の御用絵師・柳本圭吾(洞素)。
父及び、国分分友に画法を師事し、円山派を学ぶ。
南部錦渓・河野棹舟らと土佐美術協会を創立。
郷里の美術発展に尽力した。

 

 

※実際の画像に近い状態ですが、ご覧頂いているモニターによって色・質感が異なって見える場合がございます。また、照明の関係で額装のガラスに撮影スタッフが写り込んでいる場合があります。あらかじめご了承ください。

このページのTOPへ
― 種類から探す ―
全ての作品
- 掛け軸
- 額装
- 陶磁器・道具
過去の作品
ページの上へ戻る