ホーム  >> 

作品情報

河辺 華挙(かわべ かきょ)「唐子・白鹿図」尺八寸 (大阪)

価格:お買い上げいただきました

※送料:- - -

お買い上げいただいたためお支払ボタンは表示されません

作者
河辺 華挙(かわべ かきょ)

作品名
「唐子・白鹿図」

技法
日本画

形態
軸装

サイズ
絹本 尺八寸(縦幅)
全体:タテ201.5×ヨコ64.5cm※横幅は軸先含みません。
(作品:タテ130×ヨコ50.7cm)

状態
表装の裏部分(総裏)にシミ・ヤケがあります。
表装にごくわずかの薄いヤケがありますが、その他目立った痛みなく良好です。

備考
軸先は象牙軸です。

合せ箱です。
※合せ箱とは、作者本人による箱書きがないものを言います。
元々の所有者が箱にタイトルを書いている場合や、何も書いてない場合があります。

お薦めの季節
無季
祝事

 

【略歴】
河辺 華挙(かわべ かきょ)

弘化元年(1844年)~昭和3年(1928年)
京都の画家・河辺華陰の子。名は暉彦、通称秀太郎。
一説に大正年間に没したとされる。

※実際の画像に近い状態ですが、ご覧頂いているモニターによって色・質感が異なって見える場合がございます。また、照明の関係で額装のガラスに撮影スタッフが写り込んでいる場合があります。あらかじめご了承ください。

このページのTOPへ
― 種類から探す ―
全ての作品
- 掛け軸
- 額装
- 陶磁器・道具
過去の作品
ページの上へ戻る