ホーム  >> 

作品情報

(古画)円山 応震(まるやま おうしん)「神功皇后・武内宿禰図」尺八寸 (京都)

価格:お買い上げいただきました

※送料:- - -

お買い上げいただいたためお支払ボタンは表示されません

作者
円山 応震(まるやま おうしん)

作品名
「神功皇后・武内宿禰図」

技法
日本画

形態
軸装

サイズ
絹本 尺八寸(縦幅)
全体:タテ197.3×ヨコ64.6cm※横幅は軸先含みません。
(作品:タテ104×ヨコ51cm)

状態
表装の裏部分(総裏)の上部にシミ・ヤケがあります。
画中右側にごくわずかの薄い点ジミがありますが、その他目立った痛みなく良好です。

備考
軸先は象牙軸です。

合せ箱です。
※合せ箱とは、作者本人による箱書きがないものを言います。
元々の所有者が箱にタイトルを書いている場合や、何も書いてない場合があります。

お薦めの季節
無季

※神功皇后(じんぐうこうごう)…日本の第14代天皇である仲哀天皇の皇后。天皇崩御に際し、遺志を継ぎ、熊襲(くまそ)征伐を行う。後に海を越えて三韓征伐をしたとされ、軍神と称される。応神天皇の母。

※武内宿禰(たけのうちすくね)…景行・成務・仲哀・応神・仁徳の5代の天皇に仕えたとされる、古代日本の伝説上の人物・忠臣。画中抱いている子は応神天皇。

※本作は天保5年(=甲午・1834年)、45歳時に描かれた作品です。

【略歴】
円山 応震(まるやま おうしん)

寛政2年(1790年)~天保9年(1838年)
江戸後期の画家。円山派三代目の絵師。
円山応挙の次男・木下応受の子として生まれるが、のちに応挙の長男・円山応瑞の養子となる。
字は仲恭、別号に百里・星聚館・方壷子。京都に住した。
天保9年(1838)歿、49才。

※実際の画像に近い状態ですが、ご覧頂いているモニターによって色・質感が異なって見える場合がございます。また、照明の関係で額装のガラスに撮影スタッフが写り込んでいる場合があります。あらかじめご了承ください。

このページのTOPへ
― 種類から探す ―
全ての作品
- 掛け軸
- 額装
- 陶磁器・道具
過去の作品
ページの上へ戻る