ホーム  >> 

作品情報

松本 一洋(まつもと いちよう) 「雪の御堂(浮御堂)」 二尺 (京都)

価格:9万8千円(188,000円)(税込)

※この作品の送料は無料です。

ご利用いただけるお支払方法
【日本国内】
代金引換 / 銀行振込 / PayPal
【海外】
PayPal / 銀行振込
PayPal / Bank transfer
贝宝 / 银行转帐

作者
松本 一洋(まつもと いちよう)

作品名
「雪の御堂(浮御堂)」 二尺幅

技法
日本画

形態
軸装

サイズ
絹本 二尺幅(横幅)
全体:147×72cm※軸先含みません(作品:48×ヨコ56.8cm)

状態
表装の裏部分(総裏)にシミ・浮き、表装にわずかの波うち(ヨレ)がありますが、
鑑賞には問題ない程度です。

 

備考
軸先は骨軸です。

共箱です。※二重箱付き。
※共箱とは:作者自身のサインがされ、作品名と押印がされた箱のことです。

※箱蓋の帽子(保護するもの)が経年のためきつくなっています。

※「浮御堂(うきみどう)」
滋賀県大津市にある臨済宗の寺。琵琶湖上に浮かんだように建てられている。
近江八景の一つ。平安時代に源信という僧が通船の安全・衆生救済のために
建てたと伝えられている。

【略歴】
松本 一洋(まつもと いちよう)

1893年(明治26年)~1952年(昭和27年)
京都に生まれる。
本名は謹之助。号は一洋。
京都市立美術工芸学校に次いで、京都市立絵画専門学校日本画科に学ぶ。
山元春挙の画塾「早苗会」で学ぶ。以降、文展、帝展に出品入選を重ねる。
その後は母校の教授に就任し、後進の指導に尽力。
戦後は日展に参加し、審査員・運営委員会参事などに就任。
伝統的な大和絵を研究し、主に歴史風俗をモチーフにした作品を多く残し、
新興大和絵系画家の代表格として活躍した。

※実際の画像に近い状態ですが、ご覧頂いているモニターによって色・質感が異なって見える場合がございます。また、照明の関係で額装のガラスに撮影スタッフが写り込んでいる場合があります。あらかじめご了承ください。

このページのTOPへ
― 種類から探す ―
全ての作品
- 掛け軸
- 額装
- 陶磁器・道具
過去の作品
ページの上へ戻る