ホーム  >> 

作品情報

(古画)月岡 幡羽(つきおか ばんう) 「楠公図(桜井の別れ)」 尺三寸

価格:お買い上げいただきました

※この作品の送料は無料です。

お買い上げいただいたためお支払ボタンは表示されません

作者
月岡 幡羽(つきおか ばんう)

作品名
「楠公図(桜井の別れ)」 尺三寸

技法
日本画

形態
軸装

サイズ
絹本 尺三寸(縦幅)
全体:188×50cm※軸先含みません(作品:98×ヨコ37cm)

状態

備考
軸先は木製軸です。

合せ箱です。
※合せ箱とは、作者本人による箱書きがないものを言います。
元々の所有者が箱にタイトルを書いている場合や、何も書いてない場合があります。

【略歴】
月岡 幡羽(つきおか ばんう)

生没年不詳。江戸時代の堤派の絵師。
名は潔。字は伯直。幡羽。天保4年(1833年)以降は「雪僊」と号す。
三代目・堤等琳、川島雪斎に師事する。
天保年間から文久年間に作画をしたといわれ、天保4年には久世侯の画員となる。

※実際の画像に近い状態ですが、ご覧頂いているモニターによって色・質感が異なって見える場合がございます。また、照明の関係で額装のガラスに撮影スタッフが写り込んでいる場合があります。あらかじめご了承ください。

このページのTOPへ
― 種類から探す ―
全ての作品
- 掛け軸
- 額装
- 陶磁器・道具
過去の作品
ページの上へ戻る