ホーム  >> 

作品情報

鈴木 松年(すずき しょうねん)・鈴木 松僊(すずき しょうせん)合作 「椿に茶器」 尺四寸 (京都)

価格:お買い上げいただきました

※送料:- - -

お買い上げいただいたためお支払ボタンは表示されません

作者
鈴木 松年(すずき しょうねん)・鈴木 松僊(すずき しょうせん)合作

作品名
「椿に茶器」 尺四寸

技法
水墨淡彩

形態
軸装

サイズ
紙本 尺四寸(横幅)
全体:116.5×43.5㎝※軸先含みません(作品:30.5×ヨコ39cm)

状態
画中中下に多少の小折れがありますが、鑑賞には問題ない程度です。

備考
軸先は骨軸です。

合せ箱です。
※合せ箱とは、作者本人による箱書きがないものを言います。
元々の所有者が箱にタイトルを書いている場合や、何も書いてない場合があります。

【略歴】
鈴木 松年(すずき しょうねん)

嘉永元年(1848年)~大正7年(1918年)
京都に生まれる。本名と幼名は桃太郎、百太郎のち世賢。
号は百僊(百仙)のち松年、別号は老龍館、鶴壽軒(鶴寿軒)。
父、百年に学び絵画共進会などで活躍。
巴里博覧会などに出品し国内外で評価される。
主に人物、花鳥画を得意とする。
大胆かつ豪放な筆使いを特徴とする。
京都府画学校の講師を勤め、退職後松年塾を開く。
門下に上村松園など。当時の京都画壇の重鎮的存在であった。
大正7年歿。69歳。

鈴木 松僊(すずき しょうせん)

明治5年(1872年)、京都に生まれる。
日本画家鈴木松年の長男。
字は世禄、別号に西園。
祖父百年、父松年に画を学んだ。

※実際の画像に近い状態ですが、ご覧頂いているモニターによって色・質感が異なって見える場合がございます。また、照明の関係で額装のガラスに撮影スタッフが写り込んでいる場合があります。あらかじめご了承ください。

このページのTOPへ
― 種類から探す ―
全ての作品
- 掛け軸
- 額装
- 陶磁器・道具
過去の作品
ページの上へ戻る