ホーム  >> 

作品情報

「養老孝子」 尺七寸 森 寛斎(もり かんさい)(長州(現山口県))

価格:お買い上げいただきました

※送料:- - -

お買い上げいただいたためお支払ボタンは表示されません

作者
森 寛斎(もり かんさい)

作品名
「養老孝子」  尺七寸

技法
日本画

形態
軸装

サイズ
絹本 尺七寸(縦幅)
全体:203.6×63.3㎝(作品:109.6×48.6cm)

状態
※肌裏に僅かシミがありますが、鑑賞には問題ありません。

備考
軸先は象牙軸です。

奥谷秋石の鑑定箱です。※二重箱付き。

【略歴】
(帝技)森 寛斎 (もり かんさい)
文化11年(1814年)~明治27年(1894年)長州(現山口県)に生まれる。
本名は公粛。
幼名は幸吉、のち尚太郎。
通称は尚太郎。
字は子容。
号は寛斎、桃渓、晩山、画三昧斎。
森徹山に師事する。
塩川文隣没後、如雲社を任され多くの門下生を育てる。
明治時代に円山派の画風を伝えた。
代表作に「松間瀑布」「赤壁の図」「月前葡萄栗鼠図」「楠木正成像」「京都名所四季図屏風」がある。
京都府画学校教授をつとめる。
明治27年歿。80歳。

※実際の画像に近い状態ですが、ご覧頂いているモニターによって色・質感が異なって見える場合がございます。また、照明の関係で額装のガラスに撮影スタッフが写り込んでいる場合があります。あらかじめご了承ください。

このページのTOPへ
― 種類から探す ―
全ての作品
- 掛け軸
- 額装
- 陶磁器・道具
過去の作品
ページの上へ戻る