ホーム  >> 

作品情報

「富士・山水 (三幅対)」 尺五寸 狩野 栄川院(典信)(かのう えいせんいん(みちのぶ))

価格:お買い上げいただきました

※送料:- - -

お買い上げいただいたためお支払ボタンは表示されません

作者
狩野 栄川院(典信)(かのう えいせんいん(みちのぶ))

作品名
「富士・山水 (三幅対)」 尺五寸

技法
日本画

形態
軸装

サイズ
絹本 尺五寸(縦幅)
全体:197.7×57.8㎝(作品:116.5×42.2cm)

状態
※天に多少シミ、画中に多少シミがありますが、鑑賞には問題のない程度です。
※肌裏にシミ、僅かの浮きがありますが、鑑賞には問題ありません。
※箱の縁が壊れていますが、鑑賞には問題ありません。

備考
軸先は象牙軸です。

合せ箱です。
※合せ箱とは、作者本人による箱書きがないものを言います。元々の所有者が箱にタイトルを書いている場合や、何も書いてない場合があります。伝統的な品は、箱の味わいが価値を決める重要なポイントになるので、よりよい調子の箱を合わせることがあります。

【略歴】
狩野 栄川院(典信)<かのう えいせんいん(みちのぶ)>
享保15年(1730年)~寛政2年(1790年)
父栄川古信(えいせんひさのぶ)が36才で病没。
初御目見は12才の寛保元年だった。
宝暦12年には法眼に叙している。
その後51才の時に法印に叙される。
典信は将軍家重に愛され、これに先立つ安永六年、竹川町の屋敷をそのままに木挽町に新たな土地を拝領した。
このため家祖尚信の家系を木挽町狩野家と呼ばれた。
寛政2年の内裏造営にあたって画家として最高位の賢聖障子絵を担当し、以後の木挽町繁栄の基礎を作った。
寛政2年歿。
60歳。

※実際の画像に近い状態ですが、ご覧頂いているモニターによって色・質感が異なって見える場合がございます。また、照明の関係で額装のガラスに撮影スタッフが写り込んでいる場合があります。あらかじめご了承ください。

このページのTOPへ
― 種類から探す ―
全ての作品
- 掛け軸
- 額装
- 陶磁器・道具
過去の作品
ページの上へ戻る