ホーム  >> 

作品情報

「芦雁図」 尺八寸 松林 桂月(まつばやし けいげつ)(山口県)

価格:お買い上げいただきました

※送料:- - -

お買い上げいただいたためお支払ボタンは表示されません

作者
松林 桂月(まつばやし けいげつ)

作品名
「芦雁図」 尺八寸

技法
日本画

形態
軸装

【略歴】
松林 桂月<まつばやし けいげつ>
明治9年(1876)~昭和38年(1963)
山口県萩町に生まれる。
本名伊藤篤。
字は子敬。
香外、玉江魚人とも号す。
明治26年上京し、野口幽谷に師事し、南画を学ぶ。
日本美術協会展に入賞を重ねる。
明治41年第2回文展に「游鴨図」を出品、以後大正3年第8回文展まで「夏山浴雨」「秋山晩晴」「寒汀」「松林仙閣」「秋声」で三等賞などを受賞。
大正8年第1回帝展から審査委員、大正13年帝展委員となる。
昭和4年第10回帝展に審査員として「長門峡」を出品。
昭和7年帝国美術院会員。
昭和14年ニューヨーク万国博覧会に「春宵花影」出品。
昭和19年帝室技芸員。
昭和21年春の第1回日展審査主任、「松泉」出品。
昭和23年日本美術協会理事長。
昭和24年日展運営会常任理事(昭和29年まで)。
昭和33年文化勲章受章。
昭和35年日本南画院会長就任。
昭和37年日本橋・三越本店で個展開催。
主要な展覧会委員・審査員をつとめ、近代南画の振興に多大な貢献をする。
昭和38年没。
享年86。

※実際の画像に近い状態ですが、ご覧頂いているモニターによって色・質感が異なって見える場合がございます。また、照明の関係で額装のガラスに撮影スタッフが写り込んでいる場合があります。あらかじめご了承ください。

このページのTOPへ
― 種類から探す ―
全ての作品
- 掛け軸
- 額装
- 陶磁器・道具
過去の作品
ページの上へ戻る