ホーム  >> 

作品情報

「瑞鳥圖」 尺五寸 堂本 印象(どうもと いんしょう)(京都府)

価格:お買い上げいただきました

※送料:- - -

お買い上げいただいたためお支払ボタンは表示されません

作者
堂本 印象(どうもと いんしょう)

作品名
「瑞鳥圖」 尺五寸

時代
明治~昭和

技法
日本画

形態
軸装

【略歴】
(帝技)(文)堂本 印象<どうもと いんしょう>
明治24年(1891年)~昭和50年(1975年)
京都府に生まれる。
本名は三之助。
号は印象。
西山翠嶂に師事する。
京都市立美術工芸学校をへて京都市立絵画専門学校に学ぶ。
大正8年帝展初入選。
大正10年特選受賞。
大正14年帝国美術院賞受賞。
昭和19年帝室技芸員を拝命。
昭和25年日本芸術院会員となる。
母校である京都市立絵画専門学校の教授に就任。
当初画風は既存の日本画を純粋に継承しており花鳥、花のほか仏像画などを色彩美豊かに描く。
昭和27年渡欧以降次第に抽象画の展開を見せ幾学的なデザインと天性の色彩感覚が混同した作品を描く。
昭和50年歿。
84歳。

※実際の画像に近い状態ですが、ご覧頂いているモニターによって色・質感が異なって見える場合がございます。また、照明の関係で額装のガラスに撮影スタッフが写り込んでいる場合があります。あらかじめご了承ください。

このページのTOPへ
― 種類から探す ―
全ての作品
- 掛け軸
- 額装
- 陶磁器・道具
過去の作品
ページの上へ戻る