ホーム  >> 

作品情報

「松林」尺八寸 落合 朗風(おちあい ろうふう)(東京都)

価格:お買い上げいただきました

※送料:- - -

お買い上げいただいたためお支払ボタンは表示されません

作者
落合 朗風(おちあい ろうふう)

作品名
「松林」尺八寸

時代
明治~昭和

技法
日本画

形態
軸装

【略歴】
落合 朗風<おちあい ろうふう>
明治29年(1896年)~昭和12年(1937年)
東京都に生まれる。
本名は平治郎 、常平。
号は朗風。
川端画学校卒業。
菊池契月、小村大雲に師事する。
再興院展を中心に出品を重ねる。
大正10年より帝展に出品を始める。
昭和6年より川端龍子の主宰する青龍社展に活躍の場を移し翌年同人に推挙。
昭和9年に脱会、同年に明朗美術聯(連)盟を川口春波と共に結成した。
独自に洋画(外光派)の技法を研究して伝統的な日本画の世界観に取り入れるなど新しい日本画を常に画策した新感覚派の画家である。
代表作に「華厳仏」「内陣」「三十三間堂」など。
昭和12年歿。
41歳。

※実際の画像に近い状態ですが、ご覧頂いているモニターによって色・質感が異なって見える場合がございます。また、照明の関係で額装のガラスに撮影スタッフが写り込んでいる場合があります。あらかじめご了承ください。

このページのTOPへ
― 種類から探す ―
全ての作品
- 掛け軸
- 額装
- 陶磁器・道具
過去の作品
ページの上へ戻る