ホーム  >> 

作品情報

「織部蓋物 菓子器」 作者不詳

価格:お買い上げいただきました

※送料:- - -

お買い上げいただいたためお支払ボタンは表示されません

作者
作者不詳

作品名
「織部蓋物 菓子器」

技法
織部焼

形態
菓子器

【織部焼】
千利休の弟子であった大名茶人、古田織部の指導で創始され、織部好みの奇抜で斬新な形や文様の茶器などを多く産した。
南蛮貿易で中国南方からもたらされ、茶人たちに珍重された交趾焼(華南三彩)を元にしたと考えられる。
大量生産のため、陶工加藤景延が唐津から連房式登窯を導入したと伝えられる。
代表的な窯としては、元屋敷窯が挙げられる。
開窯直後の慶長年間が最盛期で、優品の多くはこの時期に造られた。
織部焼には京風の意匠が用いられたことや、1989年京都三条の中之町から大量の美濃焼が発掘されたことから、ここから美濃へ発注されていたことが想定される。
三条界隈には「唐物屋」と呼ばれる、陶磁器や絵画、染織を売る道具屋が軒を連ねており、織部焼もここで売られていた。
釉薬の色などにより、織部黒・黒織部、青織部、赤織部、志野織部などがあるが、緑色の青織部が最も有名である。
織部黒・黒織部は茶碗が殆どであり、それ以外は食器類が大半を占める。

※実際の画像に近い状態ですが、ご覧頂いているモニターによって色・質感が異なって見える場合がございます。また、照明の関係で額装のガラスに撮影スタッフが写り込んでいる場合があります。あらかじめご了承ください。

このページのTOPへ
― 種類から探す ―
全ての作品
- 掛け軸
- 額装
- 陶磁器・道具
過去の作品
ページの上へ戻る