ホーム  >> 

作品情報

「龍虎図 (双幅)」各尺四寸(古画) 狩野 勝川院(雅信)(かのう しょうせんいん(まさのぶ))(江戸)

価格:お買い上げいただきました

※送料:- - -

お買い上げいただいたためお支払ボタンは表示されません

作者
狩野 勝川院(雅信)(かのう しょうせんいん(まさのぶ))

作品名
「龍虎図 (双幅)」各尺四寸(古画)

時代
江戸期〜明治

技法
水墨

形態
軸装

【略歴】
狩野 勝川院<雅信><かのう しょうせんいん<まさのぶ>>
文政6年(1823年)〜明治13年(1880年)
江戸に生まれる。
本名は榮次郎のち雅信。
号は素尚斎、尚古、櫟堂、勝川院。
狩野晴川院養信の子として生まれ祖父には狩野伊川院を持つ。
家業を継いで木挽町狩野派の9世となり、幕府の御用絵師として仕える。
後年には父や祖父と同じく法眼に叙せられて号・勝川院を拝領している。
世人の好みにもよく応えて千枚書きの偉業を試みている。
画風はよく家芸を守り、また漢画を研究して人物・花鳥画に秀作を残している。
雅信の門下からは明治時代を代表する橋本雅邦、狩野芳崖などを輩出している。
明治13年歿。
57歳。

※実際の画像に近い状態ですが、ご覧頂いているモニターによって色・質感が異なって見える場合がございます。また、照明の関係で額装のガラスに撮影スタッフが写り込んでいる場合があります。あらかじめご了承ください。

このページのTOPへ
― 種類から探す ―
全ての作品
- 掛け軸
- 額装
- 陶磁器・道具
過去の作品
ページの上へ戻る