ホーム  >> 

作品情報

「梅長春花双禽図」尺八寸 諸葛監( (しょかつかん)(清水 靜齋))(江戸)

価格:お買い上げいただきました

※送料:- - -

お買い上げいただいたためお支払ボタンは表示されません

作者
諸葛監( (しょかつかん)(清水 靜齋))

作品名
「梅長春花双禽図」尺八寸

時代
江戸中期〜後期

技法
日本画

形態
軸装

【略歴】
諸葛監<しょかつかん>(清水 靜齋)
享保2年(1717年)~寛政2年(1790年)
江戸に生まれる。通称は清水又四郎。
字は子文。
号は静斎・湖南・古画堂等。
画姓の諸葛は延享5年に来舶した清人諸葛晋(南陽晋)に私淑したことから名乗った。
江戸で南蘋画風を始めた最初期の絵師。
強烈な色彩と墨線、濃厚な陰影の画様で花鳥画を得意とした。
沈南蘋の作品など、中国画を模写した作品も残っている。
寛政2年歿。
74歳。

※実際の画像に近い状態ですが、ご覧頂いているモニターによって色・質感が異なって見える場合がございます。また、照明の関係で額装のガラスに撮影スタッフが写り込んでいる場合があります。あらかじめご了承ください。

このページのTOPへ
― 種類から探す ―
全ての作品
- 掛け軸
- 額装
- 陶磁器・道具
過去の作品
ページの上へ戻る