ホーム  >> 

作品情報

「龍虎之図」二尺五寸 根本 幽峨(ねもと ゆうが)(因幡(現鳥取県))

価格:お買い上げいただきました

※送料:- - -

お買い上げいただいたためお支払ボタンは表示されません

作者
根本 幽峨(ねもと ゆうが)

作品名
「龍虎之図」二尺五寸

時代
江戸後期

技法
水墨画

形態
軸装

【略歴】
根本 幽峨<ねもと ゆうが>
文政7年(1824年)〜慶応2年(1866年)因幡(いなば)(現鳥取県)に生まれる。
江戸時代後期の画家。
江戸で沖一峨(いちが)に狩野派の画法をまなぶ。
帰郷後,鳥取藩の絵師となる。
代表作に「楼閣山水図」「耕作図」などがある。
慶応2年歿。
43歳。

※実際の画像に近い状態ですが、ご覧頂いているモニターによって色・質感が異なって見える場合がございます。また、照明の関係で額装のガラスに撮影スタッフが写り込んでいる場合があります。あらかじめご了承ください。

このページのTOPへ
― 種類から探す ―
全ての作品
- 掛け軸
- 額装
- 陶磁器・道具
過去の作品
ページの上へ戻る