ホーム  >> 

作品情報

「梅ニ錦鶏」尺八寸 國井 應文(くにい おうぶん)(京都)

価格:お買い上げいただきました

※送料:- - -

お買い上げいただいたためお支払ボタンは表示されません

作者
國井 應文(くにい おうぶん)

作品名
「梅ニ錦鶏」尺八寸

時代
江戸後期〜明治

技法
日本画

形態
軸装

【略歴】
國井 應文(国井応文)<くにい おうぶん>
天保4年(1833年)〜明治20年(1887年)
医師・画家であった国井良伯の子として京都に生まれる。
母は円山応挙の孫である。
本名は仲質。
号は応文、彬々斎。
円山派4代目の円山応立に師事して画法を修得。
応立の没後はその一門の代表的な画家の一人として活躍。
明治期には中島来章、塩川文麟らと共に如雲社を設立。
明治20年歿。
54歳。

※実際の画像に近い状態ですが、ご覧頂いているモニターによって色・質感が異なって見える場合がございます。また、照明の関係で額装のガラスに撮影スタッフが写り込んでいる場合があります。あらかじめご了承ください。

このページのTOPへ
― 種類から探す ―
全ての作品
- 掛け軸
- 額装
- 陶磁器・道具
過去の作品
ページの上へ戻る