ホーム  >> 

作品情報

「早春」10号 浜田 泰介(はまだ たいすけ)(滋賀県)

価格:お買い上げいただきました

※送料:- - -

お買い上げいただいたためお支払ボタンは表示されません

作者
浜田 泰介(はまだ たいすけ)

作品名
「早春」10号

時代
昭和〜

技法
油彩

形態
額装

【略歴】
浜田 泰介<はまだ たいすけ>
昭和7年(1932年)~ 愛媛県に生まれる。
京都市立美術大学(同大学院日本画専攻)卒業。
大学在学中より関西総合展などに出品。
昭和32年〜昭和36年まで毎日新人展、昭和33年〜昭和36年まで毎日ベストスリー展などに出品。
昭和36年より約3年間渡米、ポップアートをはじめペインティング・キネティックなどより現代的な芸術感覚に感銘を受けて帰国後より抽象的な作域を展開。
渡米中サンノゼ州立大学構内やサンフランシスコのギャラリーなどで個展を開催。
SF作家荒巻義雄の助言により風景画を現代的、また幻想的に描くようになる。
北海道から沖縄までの自然風景を写生し『日本百景画集』などをはじめ各地の風景を描写した作品集を発行。
日本画のほか洋画、水彩・版画・彫刻・陶芸・書と幅広く手掛け表現の可能性を追い求めている。
無所属。
滋賀県在住。

※実際の画像に近い状態ですが、ご覧頂いているモニターによって色・質感が異なって見える場合がございます。また、照明の関係で額装のガラスに撮影スタッフが写り込んでいる場合があります。あらかじめご了承ください。

このページのTOPへ
― 種類から探す ―
全ての作品
- 掛け軸
- 額装
- 陶磁器・道具
過去の作品
ページの上へ戻る