ホーム  >> 

作品情報

「鶏之図」尺五寸 石崎 光瑤(いしざき こうよう)(富山県)

価格:お買い上げいただきました

※送料:- - -

お買い上げいただいたためお支払ボタンは表示されません

作者
石崎 光瑤(いしざき こうよう)

作品名
「鶏之図」尺五寸

時代
明治〜昭和

技法
日本画

形態
軸装

【略歴】
石崎 光瑤<いしざき こうよう>
明治17年(1884)~昭和22年(1947)
富山県に生まれる。
本名猪四一(ししいち)。
明治29年山本光一に淋派を学び、明治36年竹内栖鳳に師事する。
大正元年第17回新古美術展に「薫風」で三等賞受賞。
第6回文展に「薫風」で初入選以後、大正5年代10回分展まで連続入選。
大正7年第12回文展に「熱国妍春」で特選受賞。
大正8年第1回帝展に「燦雨」を無監査出品、特選受賞。
大正11年第4回帝展に初の審査員として「白孔雀」を出品。
昭和8年第14回帝展に「雪山花信」を出品、高野山金剛峯寺襖絵を製作する。
昭和11年京都市立絵画専門学校教授となる。
昭和15年紀元二千六百年奉祝美術展に「隆冬」を出品。
昭和22年没。享年62歳。

※実際の画像に近い状態ですが、ご覧頂いているモニターによって色・質感が異なって見える場合がございます。また、照明の関係で額装のガラスに撮影スタッフが写り込んでいる場合があります。あらかじめご了承ください。

このページのTOPへ
― 種類から探す ―
全ての作品
- 掛け軸
- 額装
- 陶磁器・道具
過去の作品
ページの上へ戻る