ホーム  >> 

作品情報

大橋 翠石 (おおはし すいせき)「蹲虎睥睨図(しゅんこへいげいず)」(岐阜県)

価格:139万円(1,390,000円)(税込)

※この作品の送料は無料です。

ご利用いただけるお支払方法
【日本国内】
代金引換 / 銀行振込 / PayPal
【海外】
PayPal / 銀行振込
PayPal / Bank transfer
贝宝 / 银行转帐

作者
大橋 翠石 (おおはし すいせき)

作品名
「蹲虎睥睨図(しゅんこへいげいず)」

技法
日本画

形態
掛軸

素材
絹地に岩絵の具

サイズ
縦幅
全体:タテ227×ヨコ66.5cm
※縦の長さは上部の掛ひもを含みません。横幅の長さは軸先を含みません。
(作品:タテ143×ヨコ51cm)

状態
表装の裏部分(総裏)にシミ・シワ・ヤケがあります。
画中に経年による多少のシミ・ヤケがありますが、鑑賞には問題ない程度です。
表装に多少のシワ・反りがあります。

備考
軸先は象牙製です。

共箱です。※二重箱付き(二重箱に経年の傷みがあります)。
※共箱とは:作者自身のサインがされ、作品名と押印がされた箱のことです。
※東美鑑定評価機構鑑定委員会 鑑定書付。

お薦めの季節
年中

【略歴】
大橋 翠石 おおはし すいせき

慶応元年(1865年)-昭和20年(1945年)
美濃国(現岐阜県)に生まれる。
本名は卯三郎。通称は宇一郎。
号は翠石、即現、鉄拐山民、石寿など。
戸田葆堂・天野方壺・渡辺少華に師事。
1900年にフランスでのパリ万国博覧会に虎図を出品、優等金牌を受賞。
その後、アメリカ合衆国でのセントルイス万国博覧会(1904年)、日英博覧会 (1910年)でも同じく優等金牌を受賞。
当時の明治天皇や朝鮮の李王家にも絵を献上している。
1912年(大正元年)に故郷の岐阜から兵庫県須磨町(現在の神戸市須磨区)に転居。
そこで濃密な背景を描く「須磨様式」と呼ばれる画風が完成した。
日本の虎描きの第一人者。
昭和20年歿。80歳。

※実際の画像に近い状態ですが、ご覧頂いているモニターによって色・質感が異なって見える場合がございます。また、照明の関係で額装のガラスに撮影スタッフが写り込んでいる場合があります。あらかじめご了承ください。

このページのTOPへ
― 種類から探す ―
全ての作品
- 掛け軸
 -- 江戸期(古画)
 -- 年中掛
 -- 春掛
 -- 夏掛
 -- 秋掛
 -- 冬掛
 -- 祝儀掛
- 額装
- 陶磁器・道具
過去の作品
ページの上へ戻る