ホーム  >> 

作品情報

(古画) 鈴木 百年(すずき ひゃくねん)「桃太郎図」(京都)

価格:お買い上げいただきました

※送料:- - -

お買い上げいただいたためお支払ボタンは表示されません

作者
(古画) 鈴木 百年(すずき ひゃくねん)

作品名
「桃太郎図」

技法
日本画

形態
掛軸

素材
絹地に岩絵の具

サイズ
縦幅
全体:タテ191.5×ヨコ55.7cm
※縦の長さは上部の掛ひもを含みません。横幅の長さは軸先を含みません。
(作品:タテ102.8×ヨコ40.5cm)

状態
表装の裏部分(総裏)にシミ・ヤケ・シワがあります。
画中に経年による多少のシミ・ヤケがあります。
表装に経年によるシミ・シワ・ヤケ・反り等がありますが、いずれも鑑賞には問題ない程度です。
※古画のため、あえてそのままの状態にしています。

備考
軸先は木製です。

合せ箱です。
※合せ箱とは、作者本人による箱書きがないものを言います。
元々の所有者が箱にタイトルを書いている場合や、何も書いてない場合があります。

お薦めの季節
年中

【略歴】
鈴木 百年 すずき ひゃくねん

文政8年(1825年)-明治24年(1891年) 
四条派の画家。京都生。
日本画家鈴木松年は子。
名は世寿、字は子庚。
別号に大椿翁・大年等。
岸連山に師事。
与謝蕪村、呉春、日根野対山の画風を慕う。
諸派を折衷して一家を成し、鈴木派と呼ばれる新興の流派を生み出した。
門下に今尾景年、久保田米僊らがいる。
明治24年(1891)歿、67才。

※実際の画像に近い状態ですが、ご覧頂いているモニターによって色・質感が異なって見える場合がございます。また、照明の関係で額装のガラスに撮影スタッフが写り込んでいる場合があります。あらかじめご了承ください。

このページのTOPへ
― 種類から探す ―
全ての作品
- 掛け軸
 -- 江戸期(古画)
 -- 年中掛
 -- 春掛
 -- 夏掛
 -- 秋掛
 -- 冬掛
 -- 祝儀掛
- 額装
- 陶磁器・道具
過去の作品
ページの上へ戻る