ホーム  >> 

作品情報

藤本 能道(ふじもと よしみち)「色絵椿ぐい吞」(東京)

価格:19万8千円(198,000円)(税込)

※この作品の送料は無料です。

ご利用いただけるお支払方法
【日本国内】
代金引換 / 銀行振込 / PayPal
【海外】
PayPal / 銀行振込
PayPal / Bank transfer
贝宝 / 银行转帐

作者
藤本 能道(ふじもと よしみち)

作品名
「色絵椿ぐい吞」

技法
色絵磁器

形態
ぐい吞

素材
磁器に着彩

サイズ
作品:高さ4.5×口径5.5cm

状態
特に目立った傷みなく良好です。

備考

共箱です。※二重箱付き。
※共箱とは:作者自身のサインがされ、作品名と押印がされた箱のことです。
共布付。

お薦めの季節

【略歴】
藤本 能道(ふじもと よしみち)

1919年(大正8年)~1992年(平成4年)

陶芸家。東京府南豊島郡(現・東京都新宿区)に生まれる。
1931年に東京美術学校工芸科図案部卒業。
1932年、加藤土師萌に師事。
1938年、富本憲吉の助手となる。九谷焼系の色絵磁器の技法を習得。
1946年、日展に初入選。。1956年、日本陶磁協会賞。
1965年、ジュネーブ国際陶芸展で銀賞。
1963年、 東京都青梅市に築窯する。
白磁焼成の本焼工程前に着彩を行う独自の描画方法を確立した。
1986年、重要無形文化財「色絵磁器」保持者に認定される。
その後、東京芸術大学教授となり、1985年から5年間は学長を務めた。
東京芸術大学名誉教授。
1992年、東京都で逝去。

※実際の画像に近い状態ですが、ご覧頂いているモニターによって色・質感が異なって見える場合がございます。また、照明の関係で額装のガラスに撮影スタッフが写り込んでいる場合があります。あらかじめご了承ください。

このページのTOPへ
― 種類から探す ―
全ての作品
- 掛け軸
 -- 江戸期(古画)
 -- 年中掛
 -- 春掛
 -- 夏掛
 -- 秋掛
 -- 冬掛
 -- 祝儀掛
- 額装
- 陶磁器・道具
過去の作品
ページの上へ戻る