ホーム  >> 

作品情報

今尾 景年(いまお けいねん)「朧月双鴨図」(京都)

価格:お買い上げいただきました

※送料:- - -

お買い上げいただいたためお支払ボタンは表示されません

作者
今尾 景年(いまお けいねん)

作品名
「朧月双鴨図」

技法
日本画

形態
掛軸

素材
絹地に岩絵の具

サイズ
縦幅
全体:タテ205.2×ヨコ66.3cm
※縦の長さは上部の掛ひもを含みません。横幅の長さは軸先を含みません。
(作品:タテ120×ヨコ50.2cm)

状態
表装の裏部分(総裏)に多少のシミ・シワ・ヤケがあります。
画中の月の左側、上方、画面真中に多少のシワ、画面に経年によるシミが多少ありますが、鑑賞には問題ない程度です。

備考
軸先は象牙製です。

共箱です。※二重箱付き。
※共箱とは:作者自身のサインがされ、作品名と押印がされた箱のことです。

お薦めの季節

【略歴】
今尾 景年(いまお けいねん)

1845年(弘化2年)~1924年(大正13年)

京都に生まれる。幼名は猪三郎、名は永勤、字を子裕。
号は聊自楽、養素斎。家業の友禅染の下絵描きに従事する。
安政2年浮世絵師・梅川東居、鈴木百年に師事する。
明治21年京都府画学校嘱託教授に就任。
明治28年国内勧業博覧会で二等賞を受賞し、明治33年にはパリ万国博覧会で銀牌を受賞。
明治37年帝室技芸員となり、帝国美術院会員などを歴任。
花鳥画に優れた才能を発揮し国内外の博覧会で多数受賞。
四条派の伝統を受け継いだ京都画壇の重鎮で、後進の育成にも尽力した。
大正13年歿。79歳。

※実際の画像に近い状態ですが、ご覧頂いているモニターによって色・質感が異なって見える場合がございます。また、照明の関係で額装のガラスに撮影スタッフが写り込んでいる場合があります。あらかじめご了承ください。

このページのTOPへ
― 種類から探す ―
全ての作品
- 掛け軸
 -- 江戸期(古画)
 -- 年中掛
 -- 春掛
 -- 夏掛
 -- 秋掛
 -- 冬掛
 -- 祝儀掛
- 額装
- 陶磁器・道具
過去の作品
ページの上へ戻る