ホーム  >> 

作品情報

滝 和亭(たき かてい)「不老長春梅竹之図」(双幅)(江戸:東京)

価格:お買い上げいただきました

※送料:- - -

お買い上げいただいたためお支払ボタンは表示されません

作者
滝 和亭(たき かてい)

作品名
「不老長春梅竹之図」
不老=松
長春(花)=薔薇

技法
日本画

形態
軸装

サイズ
絹本 (縦幅)
全体:タテ212.5×ヨコ65.3cm※横幅は軸先含みません。
(作品:タテ151×ヨコ51.2cm)

状態
表装の裏部分(総裏)に多少のシミ・ヤケ・ウキがあります。
画中に多少のシミ・ヤケがありますが、良好です。
表装に多少のシワがあります。

備考
軸先は象牙軸です。

合せ箱です。
※合せ箱とは、作者本人による箱書きがないものを言います。
元々の所有者が箱にタイトルを書いている場合や、何も書いてない場合があります。

※本作は明治23年(=庚寅・1890年)に描かれた作品です。

お薦めの季節
年中・祝儀

【略歴】
滝 和亭(たき かてい)

天保(てんぽう)3年(1832年)~明治34年(1901年)
明治時代の日本画家。
江戸出身。名は謙。字(あざな)は子直。別号に蘭田。
はじめ大岡雲峰に師事したあと、長崎で鉄翁祖門(てっとうそもん)に師事。
明治6年のウィーン万国博、同26年のシカゴ万国博などに出品して受賞。
花鳥画を得意とし、宮内省・外務省の絵画御用をつとめた。帝室技芸員。
明治34年死去。70歳。

※実際の画像に近い状態ですが、ご覧頂いているモニターによって色・質感が異なって見える場合がございます。また、照明の関係で額装のガラスに撮影スタッフが写り込んでいる場合があります。あらかじめご了承ください。

このページのTOPへ
― 種類から探す ―
全ての作品
- 掛け軸
 -- 江戸期(古画)
 -- 年中掛
 -- 春掛
 -- 夏掛
 -- 秋掛
 -- 冬掛
 -- 祝儀掛
- 額装
- 陶磁器・道具
過去の作品
ページの上へ戻る