ホーム  >> 

作品情報

(古画) 中林 竹洞(なかばやし ちくとう)「寒林山水図」(尾張・愛知県)

価格:5万8千円(58,000円)(税込)

※この作品の送料は無料です。

ご利用いただけるお支払方法
【日本国内】
代金引換 / 銀行振込 / PayPal
【海外】
PayPal / 銀行振込
PayPal / Bank transfer
贝宝 / 银行转帐

作者
(古画) 中林 竹洞(なかばやし ちくとう)

作品名
「寒林山水図」

技法
日本画

形態
軸装

サイズ
絹本 (縦幅)
全体:タテ211.7×ヨコ53cm※横幅は軸先含みません。
(作品:タテ130.2×ヨコ39.4cm)

状態
表装の裏部分(総裏)に多少のヤケと、上方に和紙の剥落があります。
画中にわずかのヤケがあります。
表装に多少のシワがありますが、総じて良好です。

備考
軸先は木製軸です。

中林芳年(詳細不詳)による鑑定箱(明治3年)です。
※鑑定箱とは、作者本人ではなく弟子や親族、または関連する絵師によって
作品が鑑定され、箱書きをされたものです。

※箱の表には「中林竹洞山人寒林山水図 絹本」と書いてあります。

お薦めの季節
晩秋~冬

【略歴】
中林 竹洞(なかばやし ちくとう)

安永5年(1776年)~嘉永6年(1853年)
江戸後期の文人画家。尾張(現在の愛知県西半部)に生まれる。
名は成昌、昌盛。字(あざな)は伯明。号は竹洞。別号に沖(仲)澹。
名古屋の山田宮常に師事。のちに豪商の神谷天遊の庇護を受け、そこで
古画の模写に励む。27歳のときに上京。元・明代の絵画を研究し、山水画に秀でた。
中林竹渓の父。享年78歳。

※実際の画像に近い状態ですが、ご覧頂いているモニターによって色・質感が異なって見える場合がございます。また、照明の関係で額装のガラスに撮影スタッフが写り込んでいる場合があります。あらかじめご了承ください。

このページのTOPへ
― 種類から探す ―
全ての作品
- 掛け軸
 -- 江戸期(古画)
 -- 年中掛
 -- 春掛
 -- 夏掛
 -- 秋掛
 -- 冬掛
 -- 祝儀掛
- 額装
- 陶磁器・道具
過去の作品
ページの上へ戻る