ホーム  >> 

作品情報

武部 白鳳(たけべ はくほう) 「月下桃李閣松宴図」 (大阪)

価格:4万8千円(48,000円)(税込)

※この作品の送料は無料です。

ご利用いただけるお支払方法
【日本国内】
代金引換 / 銀行振込 / PayPal
【海外】
PayPal / 銀行振込
PayPal / Bank transfer
贝宝 / 银行转帐

作者
武部 白鳳(たけべ はくほう)

作品名
「月下桃李閣松宴図」

技法
日本画

形態
軸装

サイズ
絹本(縦幅)
全体:タテ227.5×ヨコ65.8cm※横幅は軸先含みません。
(作品:タテ132.5×ヨコ50cm)

状態
表装の裏部分(総裏)にシミ、シワ、浮きがあります。
画中の全体的に小シミと、多少のシワがあります。
表装に多少のヨレ(波うち)があります。

備考
軸先は象牙軸です。

共箱です。
※共箱とは:作者自身のサインがされ、作品名と押印がされた箱のことです。

お薦めの季節
年中・春

【略歴】
武部 白鳳(たけべ はくほう)

明治4年(1871年)~昭和2年(1927年)
大阪に生まれる。
本名は藤太郎。通称は尚太郎。号は白鳳。
西山完瑛に師事。明治26年(1893年)、白鳳と号す。
四条派の画家として大阪画壇で活躍した。

※実際の画像に近い状態ですが、ご覧頂いているモニターによって色・質感が異なって見える場合がございます。また、照明の関係で額装のガラスに撮影スタッフが写り込んでいる場合があります。あらかじめご了承ください。

このページのTOPへ
― 種類から探す ―
全ての作品
- 掛け軸
 -- 江戸期(古画)
 -- 年中掛
 -- 春掛
 -- 夏掛
 -- 秋掛
 -- 冬掛
 -- 祝儀掛
- 額装
- 陶磁器・道具
過去の作品
ページの上へ戻る