ホーム  >> 

作品情報

濱田 庄司(はまだ しょうじ)「鉄絵花瓶」(神奈川県・栃木県)

価格:19万8千円(198,000円)(税込)

※この作品の送料は無料です。

ご利用いただけるお支払方法
【日本国内】
代金引換 / 銀行振込 / PayPal
【海外】
PayPal / 銀行振込
PayPal / Bank transfer
贝宝 / 银行转帐

作者
濱田 庄司(はまだ しょうじ)

作品名
「鉄絵花瓶」

技法
民芸

形態
花入

サイズ
口径10cm × 胴径18.5cm × 高さ20.2cm

状態
特に目立った傷みなく良好です。

備考
共箱です。
※共箱とは:作者自身のサインがされ、作品名と押印がされた箱のことです。

【略歴】
濱田 庄司(はまだ しょうじ)

明治27年(1894年)~昭和53年(1978年)
神奈川県川崎市生。1913年、東京高等工業学校入学。
卒業後、京都市立陶磁器試験場に入所。
1930年、栃木県益子町で作陶を開始。
柳宗悦、河井寛次郎らと共に民芸運動を推進した。
1955年、人間国宝(民芸)となる。

※実際の画像に近い状態ですが、ご覧頂いているモニターによって色・質感が異なって見える場合がございます。また、照明の関係で額装のガラスに撮影スタッフが写り込んでいる場合があります。あらかじめご了承ください。

このページのTOPへ
― 種類から探す ―
全ての作品
- 掛け軸
 -- 江戸期(古画)
 -- 年中掛
 -- 春掛
 -- 夏掛
 -- 秋掛
 -- 冬掛
 -- 祝儀掛
- 額装
- 陶磁器・道具
過去の作品
ページの上へ戻る