ホーム  >> 

作品情報

(江戸期)中島 来章(なかじま らいしょう)「津久茂の図・水中の小鴋図」(二幅)(滋賀県)

価格:2万8千円(28,000円)(税込)

※この作品の送料は無料です。

ご利用いただけるお支払方法
【日本国内】
代金引換 / 銀行振込 / PayPal
【海外】
PayPal / 銀行振込
PayPal / Bank transfer
贝宝 / 银行转帐

作者
中島 来章(なかじま らいしょう)

作品名
「津久茂の図・水中の小鴋図」(二幅)

技法
日本画

形態
軸装

サイズ
絹本 (縦幅)
全体:各 タテ181×ヨコ40.7cm※横幅は軸先含みません。
(作品:各 タテ95.7×ヨコ27.6cm)

状態
表装の裏部分(総裏)にシワ、上方に上巻き絹の多少の破損個所があります。
画中に小ヤケがあります。
表装にわずかな反りがありますが鑑賞には問題ない程度です。

備考
軸先は象牙軸です。

国井応陽による鑑定箱です。
※鑑定箱とは、作者本人ではなく弟子や親族、または関連する絵師によって
作品が鑑定され、箱書きをされたものです。

※津久茂(つくも)=太藺 (ふとい)(イグサに近い姿のカヤツリグサ科の植物)の古名。
※鴋=ミゾゴイ。サギ科の渡り鳥。

お薦めの季節

【略歴】
中島 来章(なかじま らいしょう)

寛政8年(1796年)~明治4年(1871年)
近江国生まれ。字は子慶。別号に䳉江、春分斎・神通堂等。
渡辺南岳、円山応瑞に師事。幕末から明治期に円山派の絵師として活躍。
横山清暉、岸連山、塩川文麟らと共に平安四名家と呼ばれた。
門人に川端玉章、幸野楳嶺などがいる。

※実際の画像に近い状態ですが、ご覧頂いているモニターによって色・質感が異なって見える場合がございます。また、照明の関係で額装のガラスに撮影スタッフが写り込んでいる場合があります。あらかじめご了承ください。

このページのTOPへ
― 種類から探す ―
全ての作品
- 掛け軸
 -- 江戸期(古画)
 -- 年中掛
 -- 春掛
 -- 夏掛
 -- 秋掛
 -- 冬掛
 -- 祝儀掛
- 額装
- 陶磁器・道具
過去の作品
ページの上へ戻る