ホーム  >> 

作品情報

(古画)狩野 探信(守道)(かのう たんしん もりみち)「楼閣山水」

価格:お買い上げいただきました

※送料:- - -

お買い上げいただいたためお支払ボタンは表示されません

作者
狩野 探信(守道)(かのう たんしん もりみち)

作品名
「楼閣山水」

技法
日本画

形態
軸装

サイズ
絹本 (縦幅)
全体:タテ195×ヨコ50cm※横幅は軸先含みません。
(作品:タテ106.5×ヨコ37.5cm)

状態
表装の裏部分(総裏)に多少のヤケ・シミがあります。
画中の右上方の岩部分に1か所横スジがあります。
その他、経年を考慮し良好です。

※箱の横側に付いていた紐は元々切れていたため、切れ端の部分を同封しています。

備考
軸先は象牙軸です。

合せ箱です。
※合せ箱とは、作者本人による箱書きがないものを言います。
元々の所有者が箱にタイトルを書いている場合や、何も書いてない場合があります。

お薦めの季節
年中・祝事

【略歴】
狩野 探信(守道)(かのう たんしん もりみち)

天明5年(1785年)~天保6年(1836年)
江戸後期の狩野派の絵師。江戸幕府の御用絵師・鍛冶橋狩野家の7代目。
弟に祐清邦信。字は清夫、名は守道、号に興斎。
寛政8年(1796年)、父・狩野守邦の家督を継ぐ。
文政8年(1825年)法眼に叙され、名手を以て称された。
享年51。

 

 

 

※実際の画像に近い状態ですが、ご覧頂いているモニターによって色・質感が異なって見える場合がございます。また、照明の関係で額装のガラスに撮影スタッフが写り込んでいる場合があります。あらかじめご了承ください。

このページのTOPへ
― 種類から探す ―
全ての作品
- 掛け軸
- 額装
- 陶磁器・道具
過去の作品
ページの上へ戻る