ホーム  >>   >> 

作品情報

河井 寛次郎(かわい かんじろう)「三色手壺」(河井紅葩鑑定箱) (島根県安来市)

価格:お手数ですがお問い合わせください。

※この作品の送料は無料です。

ご利用いただけるお支払方法
【日本国内】
代金引換 / 銀行振込 / PayPal
【海外】
PayPal / 銀行振込
PayPal / Bank transfer
贝宝 / 银行转帐

作者
河井 寛次郎(かわい かんじろう)

作品名
「三色手壺」(河井紅葩鑑定箱)

技法
陶芸(民芸)

形態

サイズ
作品:高さ:約23㎝、横幅:約16cm、奥行:約12cm

状態
※良好です。

備考
河井紅葩の鑑定箱です。

※鑑定箱とは:作者本人ではなく、弟子や親族によって作品が鑑定され箱書きがされたものです。

 

※「三色打薬(さんしきうちぐすり)」とは、「赤・緑・黒の釉薬を柄杓や太筆で激しく大胆に打ち付けた、言わばアクションペインティング的な手法」のこと。(『生命の歓喜 生誕120年 河井寛次郎展』,2010年,毎日新聞社 より引用)

【略歴】
河井 寛次郎(かわい かんじろう)

明治23年(1890年)~昭和41年(1966年)
島根県安来市に生まれる。
東京高等工業学校窯業科卒業。
大正9年五条坂に築窯(五代 清水六兵衛より譲り受ける)となり独立。
大正10年第1回創作陶磁展覧会を東京高島屋で開催。
当初から中国、朝鮮の古陶磁をよく研究、さらに独自の造形を付加した作品を展開する。
益子の陶芸家浜田庄司の紹介を受けて柳宗悦と出会う。
昭和12年「鉄辰砂草花丸文壷」でパリ万国博グランプリ受賞。
昭和32年「白地草花絵扁壷」でミラノ・トリエンナーレ展グランプリ受賞。
昭和25年頃より木彫りにも取り組んでいる。
昭和41年歿。76歳。

※実際の画像に近い状態ですが、ご覧頂いているモニターによって色・質感が異なって見える場合がございます。また、照明の関係で額装のガラスに撮影スタッフが写り込んでいる場合があります。あらかじめご了承ください。

このページのTOPへ
― 種類から探す ―
全ての作品
- 掛け軸
- 額装
- 陶磁器・道具
過去の作品
ページの上へ戻る