ホーム  >> 

作品情報

児玉 希望(こだま きぼう) 「芳野」(広島県)

価格:お買い上げいただきました

※送料:- - -

お買い上げいただいたためお支払ボタンは表示されません

作者
児玉 希望(こだま きぼう)

作品名
「芳野」

技法
日本画

形態
軸装

サイズ
絹本(横幅)
全体:157.5×72.4cm※軸先含みません(作品:52×ヨコ57.5cm)

状態
表装の裏部分(総裏)に薄くヤケがあります。
地(表装の下部分の生地)にわずかの小ジワがありますが、鑑賞には問題ない程度です。
総じて良好です。

備考
軸先は象牙軸です。

共箱です。※二重箱付き。
※共箱とは:作者自身のサインがされ、作品名と押印がされた箱のことです。

【略歴】
児玉 希望(こだま きぼう)

明治31年(1898年)~昭和46年(1971年)
広島県に生まれる。
本名・省三。希望、清塵草庵と号する。
川合玉堂に師事。
大正10年第3回帝展で初入選。
昭和3年第9回帝展に「盛秋」、昭和5年第11回帝展に「暮春」で特選受賞。
昭和27年前年の日展出品「室内」で日本芸術院賞受賞。

昭和34年日本芸術院会員、同36年日展常務理事となる。
昭和45年勲三等旭日中綬章受章。
昭和46年歿。享年73歳。

※実際の画像に近い状態ですが、ご覧頂いているモニターによって色・質感が異なって見える場合がございます。また、照明の関係で額装のガラスに撮影スタッフが写り込んでいる場合があります。あらかじめご了承ください。

このページのTOPへ
― 種類から探す ―
全ての作品
- 掛け軸
- 額装
- 陶磁器・道具
過去の作品
ページの上へ戻る