ホーム  >>   >> 

作品情報

森 琴石(もり きんせき) 「衆卉争妍図」 尺八寸 (大阪・兵庫)

価格:19万8千円(198,000円)(税込)

※この作品の送料は無料です。

ご利用いただけるお支払方法
【日本国内】
代金引換 / 銀行振込 / PayPal
【海外】
PayPal / 銀行振込
PayPal / Bank transfer
贝宝 / 银行转帐

作者
森 琴石(もり きんせき)

作品名
「衆卉争妍図」 尺八寸

技法
日本画

形態
軸装

サイズ
絹本 尺八寸(縦幅)
全体:197.5×66.7㎝※軸先含みません(作品:132×ヨコ51cm)

状態
表装の裏部分(総裏)にシミ・シワ・スレ・ヤケがあります。
画中数か所ヤケ、画中右下にスレ、表装全体に若干の波うち(ヨレ)があります。

いずれも鑑賞には問題ない程度です。

備考
軸先は象牙です。

共箱です。
※共箱とは:作者自身のサインがされ、作品名と押印がされた箱のことです。

※本作は己亥(=明治32年:1899年)に描かれた作品です。

【略歴】
森 琴石(もり きんせき)

天保14年(1843年)~大正10年(1921年)
摂津国(現兵庫県)に生まれる。名は熊、後に繁。
号は当初蘆橋、後に金石・琴石と改める。
鼎 金城(かなえきんじょう)、忍頂寺静村(梅谷)南画を学ぶ。
明治初期に胡鉄梅や王冶梅らの清人画家と交流する。
明治15年(1882年)の第一回内国絵画共進会で褒状。
銅版画家としても多数の作品を残す。
内国勧業博覧会・日本美術協会展等で受賞を重ね、大正2年(1913年)に文展審査員となる。
大阪の南画界を代表する画家。
享年78。

※実際の画像に近い状態ですが、ご覧頂いているモニターによって色・質感が異なって見える場合がございます。また、照明の関係で額装のガラスに撮影スタッフが写り込んでいる場合があります。あらかじめご了承ください。

このページのTOPへ
― 種類から探す ―
全ての作品
- 掛け軸
- 額装
- 陶磁器・道具
過去の作品
ページの上へ戻る