ホーム  >> 

作品情報

横山 清暉(よこやま せいき) 「杜若(カキツバタ)蛍之図」 尺五寸 (京都)

価格:お買い上げいただきました

※送料:- - -

お買い上げいただいたためお支払ボタンは表示されません

作者
横山 清暉(よこやま せいき)

作品名
「杜若(カキツバタ)蛍之図」 尺五寸

技法
日本画

形態
軸装

サイズ
紙本 尺五寸(縦幅)
全体:198.5×51.6㎝※軸先含みません(作品:112×ヨコ39cm)

状態
・全体に経年によるヤケ、画中の数か所に小じわ、肩(表装の最上部の部分)に傷み等あります。

備考
軸先は木製軸です。

奥村石蘭(弟子)による鑑定箱です。
※鑑定箱とは:作者本人ではなく、弟子や親族によって作品が鑑定され箱書きがされたものです。

【略歴】
横山 清暉(よこやま せいき)
1792年(寛政4年)~1864年(元治元年)
京都に生まれる。清暉または暉三、字は成文、通称は主馬・詳介、号は霞城、吾岳、奇文。
松村呉春、松村景文に入門。尊超入道親王のお抱え絵師となる。
平安四名家の一人。
弟子に横山春暉、奥村石蘭、村瀬双石、岡島清曠、林耕雲、島田雪谷などがいる。
73歳。

※実際の画像に近い状態ですが、ご覧頂いているモニターによって色・質感が異なって見える場合がございます。また、照明の関係で額装のガラスに撮影スタッフが写り込んでいる場合があります。あらかじめご了承ください。

このページのTOPへ
― 種類から探す ―
全ての作品
- 掛け軸
- 額装
- 陶磁器・道具
過去の作品
ページの上へ戻る