ホーム  >> 

作品情報

「遊鯉図」尺八寸 岸浪 柳渓(きしなみ りゅうけい)(江戸)

価格:お買い上げいただきました

※送料:- - -

お買い上げいただいたためお支払ボタンは表示されません

作者
岸浪 柳渓(きしなみ りゅうけい)

作品名
「遊鯉図」尺八寸

技法
日本画

形態
軸装

サイズ
絹本 尺八寸(縦幅)
全体:214.2×63.8㎝(作品:122.6×49.2cm)

状態

備考
軸先は象牙軸です。

合せ箱です。
※合せ箱とは、作者本人による箱書きがないものを言います。元々の所有者が箱にタイトルを書いている場合や、何も書いてない場合があります。伝統的な品は、箱の味わいが価値を決める重要なポイントになるので、よりよい調子の箱を合わせることがあります。

【略歴】
岸浪 柳渓<きしなみ りゅうけい>
安政2年(1855年)~昭和10年(1935年)江戸(東京)下谷豊住に生まれる。
名は静司。
柳渓と号する。
福島柳圃(幕末から明治期の南画家)に師事し、雅号に柳渓をもちいて画家活動を始める。
後、南画の田崎草雲に弟子入りする。
没後は独立して日本美術院や日本南宋画会に出品する。
南宋画会では審査員を務める。
山水画における緻密な描写は高い評価を得る。
昭和10年歿。
80歳。

※実際の画像に近い状態ですが、ご覧頂いているモニターによって色・質感が異なって見える場合がございます。また、照明の関係で額装のガラスに撮影スタッフが写り込んでいる場合があります。あらかじめご了承ください。

このページのTOPへ
― 種類から探す ―
全ての作品
- 掛け軸
 -- 江戸期(古画)
 -- 年中掛
 -- 春掛
 -- 夏掛
 -- 秋掛
 -- 冬掛
 -- 祝儀掛
- 額装
- 陶磁器・道具
過去の作品
ページの上へ戻る