ホーム  >> 

作品情報

川合 玉堂(かわい ぎょくどう) 「あけきらぬ・・・」 川合玉堂美術館鑑定付 (愛知県)

価格:お買い上げいただきました

※送料:- - -

お買い上げいただいたためお支払ボタンは表示されません

作者
川合 玉堂(かわい ぎょくどう)

作品名
画賛「あけきらぬ空高高と舞ふ鷹の翼(はね)金色に日のあたりをり」

※川合玉堂美術館鑑定付

技法
日本画

形態
軸装

サイズ
紙本 (横幅)
全体:118.4×42.3㎝(作品:26.5×23.3cm)

状態
※肌裏にごく僅かシミがありますが、鑑賞には問題ありません。

備考
軸先は象牙軸です。

画賛「あけきらぬ空高高と舞ふ鷹の翼(はね)金色に日のあたりをり」

川合修二鑑定箱です。※二重箱付き。(※太巻きです。)
【略歴】
川合 玉堂<かわい ぎょくどう>
明治6年(1873年)~昭和32年(1957年)
愛知県に生まれる。
本名芳三郎 。
初号玉舟のち玉堂。別号偶庵、長流閣、行雲亭。
明治23年に玉舟から玉堂と改号し幸野楳嶺の門下となり四条派、円山派の写実技法を会得する。
楳嶺没後は雅邦の指導を受け、狩野派を学ぶ。
明治23年日本美術協会展に「菊花獅子図」を出品、宮内省買上げとなる。
大正4年より東京美術学校の教授をつとめる。
大正6年帝室技芸員となる。
大正8年帝国美術院会員となる。
昭和15年文化勲章受章。
昭和32年歿。84歳。

※実際の画像に近い状態ですが、ご覧頂いているモニターによって色・質感が異なって見える場合がございます。また、照明の関係で額装のガラスに撮影スタッフが写り込んでいる場合があります。あらかじめご了承ください。

このページのTOPへ
― 種類から探す ―
全ての作品
- 掛け軸
- 額装
- 陶磁器・道具
過去の作品
ページの上へ戻る